イッチンについて

  • 2015.02.06 Friday
  • 18:20
イッチンとは古くから伝わる化粧土で模様や絵を描く技法です。焼き上がりでは土なので溶けきる事無く盛り上がるのです。

始めてから20年、色んなノウハウ?が出来ました。単純なようでナカナカの技法だと思ってます。

1・まず道具です、市販のゴム製のイッチンスポイトが有りますが化粧土が入れにくく、力の入れ具合が難しい。私は整髪料
  (ディップ)の底を切り取り木の丸棒2本をゴムで堅く止め、要らなくなった筆の竹部を口に刺し、先端を鉛筆削りで先金を
  はめ込みやすく削ります。スプーンで化粧土が沢山入り少なくなったら木の丸棒を下げれば軽く握っただけでスムースに土
  が出てくるので1日作業でも疲れません。

2・化粧土の作り方はとても重要です。私はカオリン単身を使います。水とCMC(科学のり)だけで溶き、決して水ガラスなどを
  入れません。(CMCをたっぷり入れる事によりスムーズに線が延びます。)

3・化粧土の粘度も重要です。かき回したスプーンを上げた時に出来た角が静かにダレて行く位の粘度です。フルイに通す事も
  忘れずに(80メッシュ)
  
4・イッチンを施す時、私は生地を素焼きします。のりが利いているので剥がれなく、失敗したらスポンジで水拭きすれば綺麗に
  落ちます。

興味のある方は一度トライしてみては?
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM