お手軽削りカンナ

  • 2015.03.22 Sunday
  • 10:10
壊れた傘、何処の家にも有るかと思います。傘の骨がトテモ良い削りカンナになるのです。作り方を紹介します。

1 適当にペンチで骨を切り取り、角棒(木でも竹でも)、ビニールテープを用意します。

2 ガスコンロで赤く成るまで熱します。僕はを焼いてる時の還元炎を利用してます。

3 赤くなった骨を鉄板の上に乗せ、ハンマーで中心部のみ7〜10センチぐらい叩き広げます。

4 手で持てる位に冷めてから好みの形に指で曲げ、形を整え再度赤く成るまで熱し、水にジュッ!と浸け焼き入れすると堅くなり、
  形も固定出来ます。

5 各棒の角、対角に骨の溝をはめ込みビニールテープできつく巻けばしっかりと固定できます。

6 手に握る柄の所はナイフで丸く削れば痛くありません。

10分位で2本完成しました。このカンナは自分好みの形が簡単に出来、刃が薄いのでヤスリで研がなくても切れ味良く、
  刃が減ってもすぐに新しい物に取り替えられます、何と言っても低コスト。興味のある方はお試し下さい。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM